Menu

製造工程

Home

製造工程

製造工程は魚の種類によって様々です。ここでは一例で「さより味干」「柳かれい一夜干」「めひかり丸干」を中心に製造の工程をご紹介いたします。

1.仕入れ

久慈漁港

久慈漁港近海で水揚げされた良質な魚を原料としています。
さより、めひかり、柳がれいなどは、夕方に水揚げされた魚を次の日に加工します。

2.手作業による加工

手作業による加工

一匹一匹手作業で魚の頭・骨・内臓を丁寧に取り除きます。
一般的には機械で行うような工程を手作業で行い、1匹ずつ丁寧に仕上げていきます。
味だけではなく、仕上がりの美しさにも定評があります。

3.乾燥

めひかり丸干

商品にもよりますが、3~5時間ほど乾燥させた後に、袋につめて出来上がりです。
旨みが逃げないように、完全密封しています。海の味を食卓でお楽しみください!

桜干(みりん干)の場合は?

いわし桜干

手作業による加工を終えたあと、魚を並べた網を数枚重ね、バットに入れ秘伝のタレに数日漬け込みます。商品によりますが、3~5日間、じっくりと漬け込み、旨みを凝縮させていきます。